第2次岸田改造内閣 閣僚16人の顔ぶれ

埼玉1区~15区:1枚目の投票用紙(候補者名)

埼玉

【埼玉1区 (浦和区)】自由民主党「村井秀樹」以外に投票する

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に反対するため 元財務相の官僚です。2016年10月の財務金融委員会で、財政について議論していました。 ①2020年のプライマリーバランスの黒字化 村井議員は、まずプライマリー・バラン...
埼玉

【埼玉2区 (川口市) 】自由民主党「新藤義孝」以外に投票する

理由:「自由貿易」を推進するため 2013年3月の総務委員会で、貿易について議論していました。 自由貿易体制を確保することは国是だと私は思っております 新藤議員は、まず自由貿易について議論しました。 我が政府がTP...
埼玉

【埼玉3区 (越谷市)】自由民主党「黄川田仁志」以外に投票する

理由:「財政出動」に反対するため 2016年10月のTPP特別委員会で、TPPについて議論していました。TPPとは、太平洋に面する12ヵ国(アメリカ、カナダ、オーストラリア、マレーシア等)との貿易協定をいいます。 GDPを14...
埼玉

【埼玉5区(大宮区) 】立憲民主党「枝野幸男」:投票候補㊟

理由:「消費税の減税」を目指すため(㊟:財政拡大には反対) 野党第1党の党首を務めていました。一連の財政に関する議論を振り返ります。 建設国債と赤字国債の区別はもはや時代おくれです 枝野議員は、まず国債について議論しまし...
埼玉

【埼玉5区 (大宮区)】自由民主党「牧原秀樹」以外に投票する

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に反対するため 2013年3月の予算委員会で、財政について議論していました。 私は大変印象深く残っております 牧原議員は、プライマリー・バランスについて議論していました。プライマリー・...
埼玉

【埼玉6区 (上尾市)】立憲民主党「大島 敦」以外に投票する

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に反対するため 元日本鋼管(現JFEスチール)、元ソニー生命の社員です。 マインドに着目しないといけないな 2019年10月の内閣委員会で、デフレについて議論しました。デフレとは、需...
埼玉

【埼玉6区 (上尾市)】自由民主党「中根 一幸」以外に投票する

理由:「自由貿易」に賛成するため 2020年11月の本会議で、貿易について議論していました。 私は、今国会において早急に承認すべきものと考えます 中根議員は、日EU EPA(日本とEUの間で発効した貿易協定)について議論...
埼玉

【埼玉8区 (所沢市)】自由民主党「柴山昌彦」以外に投票する

理由:「外国人労働者受け入れ」を推進するため 座右の銘は「正直者がバカをみるのはまっぴらゴメン」です。自民党の「労働者確保に関する特命員会」の事務局長として、外国人労働者に関する提言をとりまとめました。 こうしたニーズはまだま...
埼玉

【埼玉9区 (狭山市)】自由民主党「大塚拓」以外に投票する

理由:「財政出動」に反対するため 2016年から2017年までの間、財務副大臣を務めていました。 むやみに財政出動を行うべきではない 2017年5月の財務金融委員会で、財政出動について議論しました。 まさに宗清先生...
埼玉

【埼玉11区 (深谷市) 】自由民主党「小泉龍司」以外に投票する

理由:「財政出動」に反対するため 元大蔵省官僚です。2010年5月の決算行政監視委員会で、財政について議論していました。 よくぞ言われた 小泉議員は、まず国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため...
埼玉

【埼玉12区 (熊谷市)】自由民主党「野中厚」以外に投票する

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に反対するため 2016年2月の財務金融委員会で、財政について議論していました。 財源に限りがある 野中議員は、まず財源について議論しました。 今回、財務金融委員会におきまして委...
埼玉

【埼玉12区 (熊谷市)】立憲民主党「森田俊和」以外に投票する

理由:「財政出動」に反対するため 2020年9月、立憲民主党に入党しました。 日銀が買って持っているという分が約4割 2018年5月の内閣委員会で、国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため、政府...
埼玉

【埼玉14区(三郷市)】自由民主党「三ッ林裕巳」以外に投票する

理由:「外国人労働者受け入れ」を賛成するため 医師免許を保有しています。 国境はない、私もそのとおりであると思います 2014年5月の法務委員会で三ッ林議員は、外国人労働者について議論しました。 本年の4月4日に、...
埼玉

【埼玉15区 (南区)】自由民主党「田中良生」以外に投票する

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に反対するため 2018年11月の未来投資会議で、コンセッション方式を推進していました。 さらなる案件拡大を推進している コンセッション方式とは、自治体が公共施設を引き続き保有したまま...
タイトルとURLをコピーしました