前原誠司、斎藤アレックスの所属政党を変更しました(5/16)

【グラフ編】現実:日本の『政府債務』は、それほど増加していない /  理由:外国と比べても、それ程増加していないため

財政
この記事は約3分で読めます。

日本の一般政府総債務

出典:IMF『General government gross debt』参照、自国通貨建て

一般政府総債務とは、中央政府と地方政府、社会保障基金が負っている債務の合計。上のグラフは、1997年の一般政府総債務=1とした時の伸び率を表している。2022年の一般政府総債務は、1997年の2.52倍だった。

アジア・オセアニア 8ヵ国の政府総債務

出典:IMF『General government gross debt』参照、自国通貨建て

2022年/97年比でみると、中国が56倍以上、韓国が21.4倍、マレーシアが12.9倍、オーストラリアが8.4倍。日本の2.52倍という増え方は、アジアの中で最も低い水準となっている。

アメリカ大陸 4ヵ国の政府総債務

出典:IMF『General government gross debt』参照、自国通貨建て
※アメリカは2001年以降のデータしか無いため、アメリカだけ2001年を1としている

2022年/97年比でみると、カナダが3.5倍。2022年/2001年比でみると、アメリカが5.5倍。特にアメリカは2020年のコロナ禍以降、積極財政を行ったことで政府債務が増加しているが、GDPも急成長しており、ドル高となっている。

ヨーロッパ 8ヵ国の政府総債務

出典:IMF『General government gross debt』参照、自国通貨建て

2022年/97年比でみると、イギリスが6.0倍、スペインが4.5倍、フランスが3.7倍、ドイツとイタリアが2.2倍。日本の2.52倍という増え方は、欧州の先進国と比べても突出して高いという訳ではなく、むしろ低い方に属している。

日本の『政府債務』が増えていない理由:外国よりも増えていないため

日本の借金の増え方は、外国と比べても小さい
出典:IMF『General government gross debt』参照
※アメリカは2001年以降のデータしか無いため、アメリカだけ2001年を1としている

「日本は過剰な政府債務を積み上げている」といったような報道が行われているが、日本の政府債務は、先進国の中でも最低水準の増加率である。この原因は、日本が過度な緊縮財政を行ってきたためであり、そのせいでGDP家計消費平均年収物価が全て世界最低水準の伸び率を記録することになった。

補足データ:債務対GDP比

出典:IMF『General government gross debt、Percent of GDP』
※アメリカは2001年以降のデータしか無いため、アメリカだけ2001年を1としている

上のグラフは、各国の債務対GDP比(一般政府総債務÷名目GDP)を比較したものである。これまで見てきたように、日本の一般政府総債務はそれ程伸びていない。にも関わらず、日本の債務対GDP比が先進国と比べて大きくなっているのは、分母の名目GDPが全く成長していないからである。

これは、国家債務の絶対的規模が何ら問題にならず、債務の利払額がどれだけ多くても、全体として社会の負担にならない事を意味している。

機能的財政と連邦債』アバ・ラーナー
タイトルとURLをコピーしました