第2次岸田改造内閣 閣僚16人の顔ぶれ

【2,021年衆院選】九州ブロック 2枚目の投票用紙 『政党名』

1議席以上の政党を、左から消去法が高い順に並べています。

消去法の順 (2,021年10月31日までの数値)

公明党・国民民主党 > 立憲民主党 > 自由民主党 > 共産党
100% > 63%  > 56%  > 0%
※『以外に投票する』現職÷ 出馬予定の現職全員

赤字の数値は、以下のように計算しています。

 A. 掲載B. 未掲載C. 不出馬など全議席数 (A+B+C)※
現職の内訳32人18人6人56人
   ※他ブロックから1名の現職が出馬(小選挙区 35+比例 20)
政党名 X÷G  G. 出馬予定の現職X. 以外に投票するY. 投票候補A. 掲載(X+Y)
公明党100%2人2人0人2人
国民民主党100%1人1人0人1人
立憲民主党63%11人7人1人8人
自由民主党56%32人18人0人18人
共産党0%2人0人1人1人
無所属2人2人0人2人
   ※上記以外の政党は、現職として出馬する議員なし

この表に計上した人数は、2,021年の衆院選に出馬した現職(以下に列挙)を集計したものです。

福岡県

【福岡1区(東区)】 自由民主党「井上貴博」以外に投票する
【福岡2区 (中央区)】 立憲民主党「稲富修二」以外に投票する
【福岡2区 (中央区)】 自由民主党「鬼木誠」以外に投票する
【福岡3区(早良区)】 立憲民主党「山内康一」以外に投票する(落選)
【福岡3区(早良区)】 自由民主党「古賀篤」以外に投票する
【福岡7区 (大牟田市】自由民主党「藤丸敏」以外に投票する
【福岡8区 (飯塚市)】 自由民主党「麻生太郎」以外に投票する
【福岡9区 (八幡西区)】自由民主党「三原 朝彦」以外に投票する(落選)
【福岡10区 (小倉北区)】自由民主党「山本幸三」以外に投票する(落選)
【福岡11区 (行橋市)】自由民主党「武田良太」以外に投票する

大分県

【大分1区 (大分市) 】 無所属「吉良州司」以外に投票する
【大分1区(大分市)】 自由民主党「穴見陽一」不出馬
【大分2区(佐伯市)】 立憲民主党「吉川 元」以外に投票する
【大分2区(佐伯市)】 自由民主党「衛藤 征士郎」以外に投票する
【大分3区 (別府市)】自由民主党「岩屋 毅」以外に投票する

佐賀県

【佐賀1区(佐賀市)】 立憲民主党「原口一博」:投票候補
【佐賀2区(唐津市)】 立憲民主党「大串博志」以外に投票する

長崎県

【長崎1区(南区)】 自由民主党「冨岡勉」不出馬
【長崎1区 (長崎市)】 国民民主党「西岡秀子」以外に投票する
【長崎2区(諫早市)】自由民主党「加藤寛治」不出馬
【長崎2区 (諫早市)】 立憲民主党「松平浩一」以外に投票する(落選)
【長崎3区 (大村市)】 自由民主党「谷川弥一」以外に投票する

宮崎県

【宮崎3区 (都城市)】 自由民主党「古川 禎久」以外に投票する

熊本県

【熊本1区 (中央区)】自由民主党「木原稔」以外に投票する
【熊本2区(南区)】  自由民主党「野田毅」以外に投票する
(落選)

鹿児島県

【鹿児島1区(鹿児島市北部) 】 立憲民主党「川内博史」以外に投票する(落選)
【鹿児島2区 (鹿児島市南部)】 自由民主党「金子 万寿夫」以外に投票する(落選)
【鹿児島4区 (霧島市・鹿屋市) 】自由民主党「森山裕」以外に投票する

沖縄県

【沖縄1区 (那覇市)】 無所属「下地幹郎」以外に投票する (落選)
【沖縄1区 (那覇市)】 自由民主党「國場幸之助」以外に投票する
【沖縄2区(浦添市)】社民党「照屋寛徳」不出馬
【沖縄3区 (沖縄市)】 立憲民主党「屋良朝博」以外に投票する (落選)
【沖縄4区 (糸満市)】 自由民主党「西銘 恒三郎」以外に投票する

比例単独

【九州ブロック】「公明党(江田康幸)」不出馬
【九州ブロック】「公明党(吉田宣弘)」以外に投票する
【九州ブロック】「公明党(浜地雅一)」以外に投票する
【九州ブロック】「共産党(田村貴昭)」:投票候補

タイトルとURLをコピーしました