第2次岸田改造内閣 閣僚16人の顔ぶれ

【グラフ編】現実:日本国債の金利は世界最低水準 / 理由:外国の国債金利よりも低いため

日本の国債金利は、バブル期も含めて30年以上、世界最低水準を維持している財政
この記事は約2分で読めます。

超低金利の日本国債

超低金利の日本国債
出典:OECD『Long-term interest rates』参照 10年物国債

国債の金利は、1990年9月に8%の大台を付けていた。その後、バブルが崩壊してから下がり続け、2011年12月以降、0%代の超低金利で推移している。

アジア・オセアニア4ヵ国の国債

2022年5月現在、豪・韓・ニューランドの国債金利は3%を超えている
出典:OECD『Long-term interest rates』参照

オーストラリアや韓国の金利は、2022年5月現在、3%台で推移している。オーストラリアや韓国に比べて日本の金利は、バブル期も含めて一貫して低く推移している。

アメリカ大陸4ヵ国の国債

アメリカ大陸国の国債金利を比較
出典:OECD『Long-term interest rates』参照

アメリカとカナダの金利は、2022年5月現在、2.9%代で推移している。アメリカとカナダに比べて日本の金利は、バブル期も含めて一貫して低く推移している。

ヨーロッパ7ヵ国の国債

出典:OECD『Long-term interest rates』参照

ドイツやフランス、イギリスの金利は、2022年5月現在、それぞれ0.9%、1.5%、1.9%台で推移している。ヨーロッパ先進国の金利は、コロナ禍が原因で0%付近をさまよっていたが、直近では1%台を超えている。

現実:日本国債の金利が低い理由:外国の国債金利よりも低いため

日本の国債金利は、バブル期も含めて30年以上、世界最低水準を維持している
出典:OECD『Long-term interest rates』参照

日本の金利は30年以上もの間、世界で最も低い水準を維持してきた。これは、日本の財政破綻が起きる確率が世界で最も低いことを示している。

タイトルとURLをコピーしました