第2次岸田改造内閣 閣僚16人の顔ぶれ

【岡山5区(総社市)】自由民主党「加藤勝信」以外に投票する

岡山
この記事は約6分で読めます。

理由:「財政出動」に反対するため

大蔵省の元官僚です。2011年の予算委員会で財政について議論していました。

追い込まれている、こういうふうに思います

加藤議員は、まず国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため、政府が資金調達するために発行する債券をいいます。

けさほど、私は、自民党で開かれたX—dayプロジェクトというのに参加をしてまいりました。

すなわち、Xデー、財政破綻をしたときに一体どういう状況が起きるのか、あるいはそれに対してどういう対応があるのか、こういうことを議論し、研究していこう、こういうことであります。

財政破綻、絶対に引き起こしてはいけないわけであります。しかし、先日の国債格付の引き下げのこともあり、そうした事態を残念ながら考えなければならない、私は、こういう事態、状況に来ている、追い込まれている、こういうふうに思います

第177回国会 衆議院 予算委員会 第9号 平成23年2月9日

加藤議員は、民間企業が国債の格付けを引き下げたことで、いずれ財政破綻のXデーが訪れるだろう、と主張しました。

出典:OECD『Long-term interest rates』参照

上のグラフは、各国の国債金利を示したものです。日本の国債は、世界で最も低金利であり、安全な資産でした。

ギリシャやアイルランドは、既にそういうことが起きている

次に、財政破綻について議論しました。

…では、仮に財政破綻が起こった場合に、一体、国民生活にどういう影響があるのか。例えば、ギリシャやアイルランドは、既にそういうことが起きているわけであります。

第177回国会 衆議院 予算委員会 第9号 平成23年2月9日

加藤議員は、日本もギリシャのように財政破綻する、と主張しました。

日本を含む世界17か国の国債金利
OECD『Long-term interest rates』参照
アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなど

上のグラフは、各国の国債金利を示したものです。確かに、ギリシャ国債の金利は暴騰しました。しかし、日本はギリシャと違い、自国通貨「円」の発行能力に制約がないため、国債を低金利に据え置くことができます。

こういったことも出てくると思います

さらに、ギリシャの財政危機について議論を進めました。

当然、さまざまな事態が想定されると思います。条件もあるでしょう。

例えば、そういう国々からの経験あるいは実態からして、国際金融機関等から資金援助を得るためには、大幅な歳出カット、特に社会保障を中心とした歳出カット、あるいは、向こうは付加価値税というんでしょうか、そういったものの税率アップ、こういったことも出てくると思います

第177回国会 衆議院 予算委員会 第9号 平成23年2月9日

加藤議員は、日本もギリシャのように政府支出の大幅な削減を余儀なくされるだろう、と主張しました。

上のグラフは、日本銀行が発行したお金の総額です。2,021年4月の時点で、日銀は600兆円ものお金を発行しました。日本銀行は、国債の購入資金を全額用立てる能力があります。

必要資金を確保できていなかった

2018年6月の厚生労働委員会で、水道法について議論しました。

平成28年11月の水道事業の維持・向上に関する専門委員会の報告では、老朽化の進行、耐震化のおくれ、これが指摘をされておりまして、これについては、水道事業者等が水道施設の状況を必ずしも的確に把握をしていなかったこと、また、更新計画が策定できていなかったこと、また、計画的更新のための必要資金を確保できていなかったこと、こういったことが要因になっているというふうに考えております。

第196回国会 衆議院 厚生労働委員会 第31号 平成30年6月29日

加藤議員は、必要なお金を水道事業に投下してこなかったため、水道施設の老朽化が進んでいる、と説明しました。

上のグラフは、各国の政府支出の伸び率を比較したものです。日本は世界最低の伸び率だったため、水道予算も例に漏れず削減の対象となりました。

なかなか、そうした統合というんですか、広域化が進まない

さらに、コンセッション方式について議論しました。コンセッション方式とは、自治体が公共施設を引き続き保有したまま、管理運営権を民間企業に譲渡する方式をいいます。

また、小規模で経営基盤が脆弱という課題については、これまでもずっと認識がされ、水道事業者の広域化という議論があったわけでありますけれども、

この広域化については、それぞれの事情が異なるということで、なかなか、そうした統合というんですか、広域化が進まないということ、あるいは広域化のメリットがなかなか見えてこなかったことといった事情があって、そうした広域化が進まない中において、人口減少や、あるいは節水機器の普及ということによって、あるいは節水意識の向上、まさに水需要が減少し、それに伴う料金収入が減少したということが更にその経営基盤の脆弱化を図った、こういうふうに考えております。

そのため、今回の法案では、水道施設台帳の作成、保管、あるいは水道施設の点検や必要な修繕等の義務づけ、あるいは水道施設の計画的な更新等々の措置を設けること、また、広域連携が推進するようにすること、そうしたことも、そうしたいわば反省に立って盛り込ませていただいているところであります。

第196回国会 衆議院 厚生労働委員会 第31号 平成30年6月29日

加藤議員は、広域にわたるコンセッション方式の統合が思うように進まなかった、と答弁しました。

上のグラフは、長期債務残高と国債の金利を示したものです。超低金利の国債を発行すれば、水道予算を確保できるはずでした。広域にわたる水道事業者をわざわざ集約する必要はありません。

議論の内容に基づき「以外に投票する」議員に分類しました。

2.「財政出動」に反対
4.「規制強化、国営化」に反対

2021年衆院選の得票率

得票率72.6%で当選しました。
(有効投票数140,673票 投票率54.33%)

当選者と次点得票率
加藤 勝信72.6% (102,139票)
はた ともこ (落選)  22.4% (31,467票)

「以外に投票」すれば、1位から陥落する

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました