第2次岸田改造内閣 閣僚16人の顔ぶれ

【2,021年衆院選】南関東ブロック 2枚目の投票用紙 『政党名』

1議席以上の政党を、左から消去法が高い順に並べています。

消去法の順(2,021年10月31日までの数値)

公明党・維新 > 自由民主党 > 立憲民主党 > 共産党
100% > 60%  > 43%  > 0%

※『以外に投票する』現職÷ 出馬予定の現職全員

赤字の数値は、以下のように計算しています。

 A. 掲載B. 未掲載C. 不出馬など※全議席数 (A+B+C)※
現職の内訳36人16人4人56人
   ※表の数字は、非現職1名を含まず
   ※不出馬などには、他ブロックに転籍した1名が含まれる
   ※他ブロックから1名の現職が出馬
(小選挙区 33+比例 22)
政党名 X÷G  G. 出馬予定の現職X. 以外に投票するY. 投票候補A. 掲載(X+Y)
公明党100%1人1人0人1人
日本維新の会 100%1人1人0人1人
自由民主党60%30人18人1人19人
立憲民主党43%16人7人4人11人
共産党0%2人0人2人2人
無所属2人2人0人2人
   ※上記以外の政党は、現職として出馬する議員なし

この表に計上した人数は、2,021年の衆院選に出馬した現職(以下に列挙)を集計したものです。

神奈川県

【神奈川1区(中区)】 無所属「松本純」以外に投票する落選
【神奈川2区 (西区) 】 自由民主党「菅義偉」以外に投票する
【神奈川3区(鶴見区)】自由民主党「小此木八郎」不出馬
【神奈川4区 (鎌倉市)】立憲民主党「早稲田夕季」:投票候補㊟
【神奈川5区 (戸塚区)】自由民主党「坂井学」以外に投票する
【神奈川6区(旭区) 】 日本維新の会「串田誠一」以外に投票する (落選)
【神奈川6区(旭区など)】 立憲民主党「青柳陽一郎」以外に投票する
【神奈川7区(港北区)】 立憲民主党「中谷一馬」:投票候補
【神奈川7区(港北区)】 自由民主党「鈴木馨祐」以外に投票する
【神奈川8区 (青葉区) 】立憲民主党「江田憲司」:投票候補
【神奈川8区 (青葉区) 】自由民主党「三谷英弘」以外に投票する
【神奈川9区(多摩区)】 立憲民主党「笠浩史」以外に投票する
【神奈川9区(多摩区)】 自由民主党「中山展宏」以外に投票する
【神奈川10区 (川崎区) 】 共産党「畑野君枝」:投票候補 (落選)
【神奈川10区 (川崎区) 】 自由民主党「田中和徳」以外に投票する
【神奈川11区(横須賀市)】自由民主党「小泉進次郎」以外に投票する
【神奈川12区 (藤沢市)】立憲民主党「阿部 知子」以外に投票する
【神奈川13区(大和市)】 自由民主党「甘利明」以外に投票する
【神奈川14区(相模原市中央区)】自由民主党「赤間二郎」以外に投票する
【神奈川15区 (平塚市) 】 自由民主党「河野太郎」以外に投票する
【神奈川16区 (厚木市) 】 立憲民主党「後藤祐一」:投票候補
【神奈川18区 (高津区) 】 自由民主党「山際大志郎」以外に投票する

千葉県

【千葉1区 (中央区)】 立憲民主党「田嶋要」以外に投票する
【千葉2区(八千代市)】自由民主党「小林鷹之」以外に投票する
【千葉3区 (市原市) 】 自由民主党「松野博一」以外に投票する
【千葉4区(船橋市)】立憲民主党「野田佳彦」以外に投票する
【千葉4区(船橋市)】 自由民主党「木村哲也」:投票候補(落選)
【千葉5区 (市川市) 】自由民主党「薗浦健太郎」以外に投票する
【千葉6区 (松戸市)】 無所属「生方幸夫」以外に投票する(落選)
【千葉7区 (流山市) 】自由民主党「斎藤健」以外に投票する
【千葉8区 (柏市)】 自由民主党「桜田義孝」以外に投票する
【千葉9区 (佐倉市)】立憲民主党「奥野総一郎」以外に投票する
【千葉10区 (成田市) 】自由民主党「林幹雄」以外に投票する
【千葉13区(鎌ヶ谷市)】無所属「白須賀貴樹」不出馬

山梨県

【山梨1区 (甲府市)】立憲民主党「中島克仁」以外に投票する
【山梨2区(富士吉田市)】自由民主党「堀内詔子」以外に投票する

比例単独

【南関東ブロック】「公明党(富田茂之)不出馬
【南関東ブロック】「公明党(古屋範子)」:以外に投票する
【南関東ブロック】「共産党(志位和夫)」:投票候補

タイトルとURLをコピーしました