【大阪15区(富田林市)】日本維新の会「浦野靖人」以外に投票する

大阪
この記事は約3分で読めます。

理由:「財政出動」に反対するため

2018年1月の本会議で、財政について議論していました。

財政規律を欠いたままの放漫な財政運営

浦野議員は、まず政府支出(予算)について議論しました。

財政健全化の旗は決しておろさないとは裏腹に、財政法6条の規定にもかかわらず、剰余金は償還財源に充てられることなく、歳出増加分の財源として充当されています。

政府においては、財政規律を欠いたままの放漫な財政運営の結果、国際公約にもなっている2020年のプライマリーバランス黒字化目標の達成が困難な状況を重く受けとめるべきであり、国際的な信用低下を招くことのないよう、財政悪化に歯どめをかける努力を改めて強く求めます。

第196回国会 衆議院 本会議 第4号 平成30年1月30日

浦野議員は、政府が過剰に支出している、と主張しました。

日本は、世界最大級の緊縮(きんしゅく)財政
出典:IMF『General government total expenditure』参照

上のグラフは、各国の政府支出の伸び方を示したものです。浦野議員のこうした議論によって、日本は世界最低の伸び率になりました。

債の追加発行は、財政健全化に逆行している

次に、国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため、政府が資金調達するために発行する債券をいいます。

…2点目として、公債残高が増加の一途をたどっているにもかかわらず、建設国債(要するに、国債のこと)の追加発行は、財政健全化に逆行しているのではないでしょうか。

第196回国会 衆議院 本会議 第4号 平成30年1月30日

浦野議員は、国債を追加発行してはならない、と主張しました。

国債の金利と長期債務残高の推移
出典:財務省『我が国の1970年度以降の長期債務残高の推移』 統計表『金利情報』参照

上のグラフは、長期債務残高と国債の金利を示したものです。国債は超低金利の状態にあるため、発行額が増えても支障ありませんでした。

滑り込ませて計上しているんじゃないか

2019年2月の予算委員会で、プライマリー・バランスについて議論しました。プライマリー・バランスとは、歳出を税収の範囲で賄うというルールで、国債の発行額を抑え込むために設けられています。

当初予算に計上すると、プライマリーバランスの黒字化に影響があるからということで、もしかしたら…本予算に入れたら黒字化に影響するから、前年度の補正予算に滑り込ませて計上しているんじゃないかということまで疑いたくなるぐらい、補正予算にはいろいろやはり入れています。

第198回国会 衆議院 予算委員会 第3号 平成31年2月5日

浦野議員は、政府が国債の発行額を抑えているのは見せかけに過ぎない、と主張しました。

出典:OECD『Long-term interest rates』参照

上のグラフは、日本と外国の国債金利を示したものです。日本の国債は、世界で最も低金利の安全な資産になります。そもそも見せかける必要性がありませんでした。

議論の内容に基づき「以外に投票する」議員に分類しました。 

2.「財政出動」に反対 

2021年衆院選の得票率

得票率54.1%で当選しました。
(有効投票数212,318票 投票率55.78%)

当選者と次点得票率
浦野 靖人54.1%  (114,681票)
加納 陽之助 (落選) 32.0%  (67,887票)

「以外に投票」すれば、惜敗率を押し下げ、比例でも落選

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました