【グラフ編】現実:日本の平均年収は、世界最低水準の伸び率 / 理由:外国よりも伸びていないため

日本の平均年収は、世界最低水準の伸び率経済のグラフ
この記事は約4分で読めます。

同じように変動している2つの賃金データ

以下に掲載しているデータは、名目賃金指数と平均年収、2つの賃金データである。

出典:OECD『Average Annual Wages』名目・自国通貨建
フルタイム従業員の平均年収=GDPの総賃金÷全従業員数÷全従業員の1週間当たりの平均労働時間×フルタイム従業員の1週間当たりの平均労働時間 出典:厚労省『毎月勤労統計』常用労働者からパートタイム労働者を除いた一般労働者の名目賃金指数(現金給与総額)=残業代と賞与込みの給与指数値

平均年収を外国と比較

OECDの平均年収データは、GDPから逆算してるため、絶対値の精度が荒い。一方、変化率で見た場合、国内で発表している名目賃金と同じように変動している。以下、平均年収を外国と比較する。

データ概要

【期間】 2001~2020年 (2001=1)
【データ】賃金

  • 平均年収   グレー
  • 名目賃金指数 黒の点線

アジア・オセアニア4ヵ国の平均年収

韓国とオーストラリア、ニュージーランドの平均年収は、順調に伸びている。

出典:OECD『Average Annual Wages』 名目・自国通貨建
厚労省『毎月勤労統計』名目賃金指数

2020年時点の平均年収

2,001年を起点にすると、上記3ヵ国は、全て1.8倍以上に伸びた。日本の伸び率は圧倒的に低い(1倍未満)

データ概要

【期間】 2001~2020年 (2001=1)
【データ】アジア・オセアニア4ヵ国

  • 日本の平均年収   グレー
  • 日本の名目賃金指数 黒の点線
  • 外国の平均年収   色分け

アメリカ大陸4ヵ国の平均年収

先進国のアメリカとカナダは、日本よりも大きく伸してきた

出典:OECD『Average Annual Wages』名目・自国通貨建
厚労省『毎月勤労統計』名目賃金指数

2020年時点の平均年収

カナダが1.6倍、アメリカが1.7倍。「成熟した国では所得が伸びない」という主張が誤りであることを示している。

データ概要

【期間】 2001~2020年 (2001=1)
【データ】アメリカ大陸4ヵ国

  • 日本の平均年収   グレー
  • 日本の名目賃金指数 黒の点線
  • 外国の平均年収   色分け

ヨーロッパ9ヵ国の平均年収

以下の7ヵ国は、イタリアを除くと、平均年収を1.4倍以上に伸ばしてきた。

出典:OECD『Average Annual Wages』名目・自国通貨建
厚労省『毎月勤労統計』名目賃金指数

2020年時点の平均年収

イギリスが1.6倍、ドイツとフランスが1.5倍日本だけが下がっている

データ概要

【期間】 2001~2020年 (2001=1)
【データ】ヨーロッパ7ヵ国

  • 日本の平均年収   グレー
  • 日本の名目賃金指数 黒の点線
  • 外国の平均年収   色分け

ヨーロッパで人口が減少した4ヵ国の平均年収

以下の4ヵ国は、人口が減少したにも関わらず、平均年収を大きく伸ばしてきた

出典:OECD『Average Annual Wages』名目・自国通貨建
厚労省『毎月勤労統計』名目賃金指数

2020年時点の平均年収

特にリトアニアとラトビアは、世界で最も人口が減少した。「人口減少国では所得が伸びない」という主張が誤りであることを示している。

データ概要

【期間】 2001~2020年 (2001=1)
【データ】ヨーロッパ4ヵ国

  • 日本の平均年収   グレー
  • 日本の名目賃金指数 黒の点線
  • 外国の平均年収   色分け

現実:日本の平均年収は、世界最低水準の伸び率 / 理由:外国よりも伸びていないため

日本の平均年収の伸び率は、世界最低水準のランキングに位置している。

世界最低水準の伸び率

日本の平均年収は、世界最低水準の伸び率。先進国と比べても、全く伸びていない。

実質賃金も下落

名目賃金を物価で割ったものを実質賃金という。実質賃金は豊かさを測るためのもので、日本の実質賃金は20年以上、下落し続けている。


タイトルとURLをコピーしました