【東京10区(豊島区・中野区) 】自由民主党「鈴木隼人」以外に投票する

区内
この記事は約3分で読めます。

理由:「財政出動」に反対するため

2016年2月の財務金融委員会で、財政について議論していました。

我々世代のツケを先送りすべきではないと考えております

鈴木議員は、まず国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため、政府が資金調達するために発行する債券をいいます。

国と地方の長期債務残高は、平成28年度末には1620兆円にも達する見込みであります。そういった意味で、経済成長と財政再建はいまだ道半ばということであります。

かかる観点から、本日は、特例公債(国債)法に関連して質問をさせていただきます。希望と誇りを次世代につないでいくために、我々世代のツケを先送りすべきではないと考えております。このため、本法第四条の趣旨には大いに賛同をするものであります。

第190回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号 平成28年2月17日

鈴木議員は、国債を発行してはならない、と主張しました。

国債の金利と長期債務残高の推移
出典:財務省『我が国の1970年度以降の長期債務残高の推移』 統計表『金利情報』参照

上のグラフは、長期債務残高と国債の金利を示したものです。国債は超低金利の状態を維持しているため、国債を発行しても何ら支障ありませんでした。

債務残高自体の引き下げ努力も重要だ

次に「国の借金」とよく報道されている、債務残高について議論しました。

財政健全化の目標として、プライマリーバランスの黒字化では不十分であります。債務残高対GDP比の引き下げに加え、債務残高自体の引き下げ努力も重要だと考えております。

第190回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号 平成28年2月17日

鈴木議員は、債務残高を引き下げるべきだ、という過激な主張を行いました。

日本の借金の増え方は、外国と比べても小さい
出典:IMF『General government gross debt』参照

上のグラフは、日本と海外の一般政府(国と地方を合わせた)総債務を示したものです。海外の政府は、債務を日本以上に拡大させています。

プライマリーバランスの黒字化の延期…非常に残念に思っております

さらに、プライマリー・バランスについて議論しました。プライマリー・バランスとは、歳出を税収の範囲で賄うというルールで、政府支出を抑え込むために設けられています。

先日の財務大臣の所信表明におきまして、プライマリーバランスの黒字化の延期が表明をなされました。これは非常に重大な内容でありますし、また、私としても非常に残念に思っております

第196回国会 衆議院 財務金融委員会 第2号 平成30年2月16日

鈴木議員は、プライマリー・バランス黒字化の達成期限を延期したことで、政府支出が膨らんでしまう、と主張しました。

日本は、世界最大級の緊縮(きんしゅく)財政
出典:IMF『General government total expenditure』参照

上のグラフは、各国の政府支出の伸び方を示したものです。鈴木議員のこうした議論によって、日本は世界最低の伸び率になりました。

議論の内容に基づき「以外に投票する」議員に分類しました。 

  1. 「財政出動」に反対

2021年衆院選の得票率

得票率43.8%で当選しました。
(有効投票数262,852票 投票率56.5%)

当選者と次点得票率
鈴木 隼人43.8% (115,122票)
鈴木 庸介 (立民、比例当選)41.1% (107,920票)
未掲載の現職

「以外に投票」すれば、1位から陥落する

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました