【岐阜3区 (各務原市) 】自由民主党「武藤容治」以外に投票する

岐阜
この記事は約3分で読めます。

理由:「財政出動」に反対するため

2017年1月の本会議で、財政について議論していました。

赤字国債に頼ることなく

武藤議員は、まず国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため、政府が資金調達するために発行する債券をいいます。

私は、与党を代表し、ただいま議題となっております平成28年度一般会計補正予算(第3号)及び平成28年度特別会計補正予算(特第3号)、以上2案に対しまして、賛成の討論を行いたいと思います。(拍手)

…最後に、これらの歳出の追加については、赤字国債に頼ることなく、既定経費の減額や税外収入、建設国債により対応することとしており、財政健全化にも一定の配慮をしているものと考えます。

第193回国会 衆議院 本会議 第4号 平成29年1月27日

武藤議員は、財政を国債に頼ってはならない、と主張しました。

国債の金利と長期債務残高の推移
出典:財務省『我が国の1970年度以降の長期債務残高の推移』 統計表『金利情報』参照

上のグラフは、長期債務残高と国債の金利を示したものです。国債は超低金利の状態にあるため、国債を発行しても何ら支障ありませんでした。

やむを得ないと考えます

次に、政府支出について議論しました。

なお、本補正予算において税収の減収を見込んでいますが、昨年の年初からの円高による輸出企業の円建ての売り上げが目減りした影響などを反映した、あくまで一時的なものです。

安倍政権以降の税収の増加基調に変わりはなく、一時的な要因による税収減について赤字国債で対応することはやむを得ないと考えます。以上、本補正予算に賛成する理由を申し述べました。

第193回国会 衆議院 本会議 第4号 平成29年1月27日

武藤議員は、本来であれば、国債を発行してはならない、と主張しました。

日本は、世界最大級の緊縮(きんしゅく)財政
出典:IMF『General government total expenditure』参照

上のグラフは、各国の政府支出の伸び方を示したものです。武藤議員のこうした議論によって、日本は世界最低の伸び率になりました。

議論の内容に基づき「以外に投票する」議員に分類しました。 

  1. 「財政出動」に反対

2021年衆院選の得票率

得票率58.6%で当選しました。
(有効投票数225,973票 投票率54.55%)

当選者と次点得票率
武藤 容治58.6% (132,357票)
阪口 直人(落選)41.4% (93,616票)

「以外に投票」すれば、1位から陥落する

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました