【埼玉1区 (浦和区)】自由民主党「村井秀樹」以外に投票する

埼玉
この記事は約5分で読めます。

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に反対するため

元財務相の官僚です。2016年10月の財務金融委員会で、財政について議論していました。

①2020年のプライマリーバランスの黒字化

村井議員は、まずプライマリー・バランスについて議論しました。プライマリー・バランスとは、歳出を税収の範囲で賄うというルールで、政府支出を抑え込むために設けられています。

本日審議をされます税制改正法案につきましては、消費税率の10%の引き上げ、これを2019年10まで延期をする、…そういったような趣旨であると承知をしております。

財政政策の一番の柱であります①2020年のプライマリーバランスの黒字化、もちろん、これに向けて②消費税の引き上げを着実に行っていくことは大切でありますけれども、それにあわせて③社会保障改革も着実に進めていかなくてはならない。

第192回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号 平成28年10月26日

村井議員は、プライマリー・バランスを改善するために、政府支出を削減しなければならない、と主張しました。

日本は、世界最大級の緊縮(きんしゅく)財政
出典:IMF『General government total expenditure』参照

上のグラフは、各国の政府支出の伸び方を示したものです。村井議員のこうした議論によって、日本は世界最低の伸び率になりました。

②消費税の引き上げを着実に行っていくことは大切であります

次に、消費税について議論しました。

[全く同じ発言内容]
財政政策の一番の柱であります①2020年のプライマリーバランスの黒字化、もちろん、これに向けて②消費税の引き上げを着実に行っていくことは大切でありますけれども、それにあわせて③社会保障改革も着実に進めていかなくてはならない。

第192回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号 平成28年10月26日

村井議員は、消費税を抜かりなく上げなければならない、と主張しました。

日本の家計消費は、世界最低水準の伸び率
出典:United Nations『National Accounts (AMA)』名目GDP ドル建て参照

上のグラフは、各国における家計消費の伸び方を比較したものです。日本は、世界最低の伸び率でした。政府は本来、冷え込んだ消費を回復させるために減税すべき所を、逆に増税し続けました。

社会保障改革も着実に進めていかなくてはならない

さらに、社会保障の支出について議論しました。

[全く同じ発言内容]
財政政策の一番の柱であります①2020年のプライマリーバランスの黒字化、もちろん、これに向けて②消費税の引き上げを着実に行っていくことは大切でありますけれども、それにあわせて③社会保障改革も着実に進めていかなくてはならない。

第192回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号 平成28年10月26日

村井議員は、その具体策を次のように説明しました。

やはり、担税力、誰が本当にその税金を払う能力、たえることができる能力があるのかという視点でぜひもう一度この仕組みを見直していただいて、

この資料の中にもありますけれども、昨年取りまとめました経済・財政計画の中には「社会保障改革プログラム法等に基づき、」「公的年金等控除を含めた年金課税の在り方の見直し等について、引き続き検討を行う。」となっておりますし、改革工程表にもその同旨が記載をされているわけでございますので、ぜひ、2020年のプライマリーバランス黒字化に向けて実現をしていただきたい、このように思っているわけであります。

第192回国会 衆議院 財務金融委員会 第4号 平成28年10月26日

村井議員は、公的年金の控除額を引き下げることで、政府支出を削減するべきだ、と主張しました。

国債の金利と長期債務残高の推移
出典:財務省『我が国の1970年度以降の長期債務残高の推移』 統計表『金利情報』参照

上のグラフは、長期債務残高と国債の金利を示したものです。国債は超低金利の状態にあるため、国債を発行して控除額の予算を確保すれば済む話でした。

私も実は消費税はもっと引き上げなきゃいけないと思っています

2018年7月、消費税について、朝日新聞のインタビューに応えていました。

私も実は消費税はもっと引き上げなきゃいけないと思っています。…経済同友会は、消費税17%以上に上げるべきだと言っています。ただ、政策の現場にいる者として、次の10年、20年で実現できるとはとても思えません。それを30年間の反省から学ばないといけない。

ronzaインタビュー記事(2018年7月15日)

村井議員は、消費増税は国民の目につきやすいため、社会保険料をコッソリ引き上げるべきだ、と主張しました。

議論の内容に基づき「以外に投票する」議員に分類しました。 

  1. 「消費税の減税」に反対
  2. 「財政出動」に反対

2021年衆院選の得票率

得票率47.6%で当選しました。
(有効投票数253,990票 投票率55.48%)

当選者と次点得票率
村井 英樹47.6% (120,856票)
武正 公一 (落選) 38.1% (96,690票)

「以外に投票」すれば、1位から陥落する

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照
ronzaインタビュー記事(2,018年7月15日)

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました