前原誠司、斎藤アレックスの所属政党を変更しました(5/16)

【東京6区】立憲民主党「落合貴之」:投票候補

1区~15区
この記事は約4分で読めます。

理由:「消費税の減税」と「財政出動」に賛成するため

2020年3月の経済産業委員会で、財政について議論していました。

(金融政策は)もうこれ以上、正直やりようがない

落合議員は、まず経済政策について議論しました。経済政策は、日銀の金融政策と政府の財政政策に大別されます。

昔のこういう緊急事態と比べて、今回は財政支出が絶対に私は必要だと思っています。

なぜなら、こういうときに諸外国はどうするかというと、中央銀行が利下げをするわけです。なので、FRBはもうやりましたし、ヨーロッパ中央銀行もやるという発信をしているわけですが、日銀も発信していますけれども、これ以上、正直やりようがない

そうなると、財政支出を利下げと同じぐらい速やかにやるしか、方法がないわけです。

第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号 令和2年3月6日

落合議員は、金利を0%の下限まで下げている金融政策では、これ以上の経済効果を上げることは難しい、と主張しました。

出典:Bank for International Settlements 『Central bank policy rates』参照

上のグラフは、各国の政策金利を比較したものです。日本では長らく、お金を借りる資金需要が低迷していました。日銀は資金需要を刺激するために金利を0%の限界まで引き下げていたため、これ以上、下げることができませんでした。

財政政策をやらなければ、絶対に損害が諸外国より大きくなる

次に、もう1つの経済政策である、財政政策について議論しました。

これは、リーマン・ショックのときも、日本が諸外国と比べて震源地でないのに被害が大きかったのは、金融政策が余り動けないから被害が大きくなってしまう。ほかの国よりも補正予算をたくさんつけないと、ほかの国よりも被害が出てきてしまうわけです。

それなのに、日本は、予算の組み替え動議だって否決されていますし、予備費だけで引っ張ろうとしているわけですから、これは諸外国よりも日本は財政政策をやらなければ、絶対に損害が諸外国より大きくなるということは確実ですので、ぜひその認識を持って対応いただければと思います。

第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号 令和2年3月6日

落合議員は、これ以上の金融政策を望めないため、財政政策を外国よりも手厚くやらなければならない、と主張しました。

日本は、世界最大級の緊縮(きんしゅく)財政
出典:IMF『General government total expenditure』参照

上のグラフは、各国の政府支出の伸び方を示したものです。日本はコロナ以前から世界最低水準の伸び率でした。

消費税減税…そういった措置もとるべきだ

さらに、消費税の減税について言及しました。

ですから、私は、もうこうなったら、消費税減税ですとか、あと社会保険料減免ですとか、思い切って、一個決めれば誰もが関係するような、そういった措置もとるべきだと思います…

第201回国会 衆議院 経済産業委員会 第2号 令和2年3月6日

落合議員は、消費税を減税するべきだ、と主張しました。

日本の家計消費は、世界最低水準の伸び率
出典:United Nations『National Accounts (AMA)』家計消費 自国通貨建て参照

上のグラフは、各国における家計消費の伸び方を比較したものです。日本は、世界最低水準の伸び率でした。政府は本来、冷え込んだ消費を回復させるために減税すべき所を、逆に増税し続けました。

議論の内容に基づき「投票候補」の議員に分類しました。 

  1. 「消費税の減税」に賛成
  2. 「財政出動」に賛成

2021年衆院選の得票率

得票率40.1%で当選しました。
(有効投票数274,845票 投票率60.36%)

当選者と次点得票率
落合 貴之 40.1% (110,169 票)
越智 隆雄 (自民、比例当選)38.3% (105,186票)
※「以外に投票する」現職

投票候補としつつ、新しい立候補者と比較検討する

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました