前原誠司、斎藤アレックスの所属政党を変更しました(5/16)

【滋賀1区】国民民主党「斎藤アレックス」以外に投票する

滋賀
この記事は約4分で読めます。

理由:「財政出動」に反対するため

2021年の衆院選で初当選しました(前原議員の元秘書)。2022年2月の予算委員会で、財政について議論していました。

財政も非常に厳しい

斎藤議員は、まず財政と国債について議論しました。国債とは、税収だけでは予算に届かないため、政府が資金調達するために発行する債券をいいます。

…今、財政も非常に厳しい中でございますけれども、石上公述人にお伺いをしたいんですけれども、働く者の、皆様の立場から、今後、どういった形で財政再建であったり、あるいは社会保障制度の、セーフティーネットの機能を強化をすることが望ましいとお考えになっているか。

第208回国会 衆議院 予算委員会公聴会 第1号 令和4年2月15日

斎藤議員は、財政が非常に厳しい状況にある、と主張しました。

出典:OECD『Long-term interest rates』参照

上のグラフは、日本と外国の国債金利を示したものです。日本は、世界最低水準の金利を推移しており、財政破綻の確率が最も低い国の1つでした。

あとは政治がしっかりと決断をして

次に、社会保障について議論しました。

これはまさしく政治の責任というところでございまして、いろいろなシナリオというものは、やはりこれも専門家の方からお示しをいただいていると思いますし、あとは政治がしっかりと決断をして、決断をする前に国民の皆様に説明をして、国民の皆様にも選んでいただく、そういった真正面からの政策、政治議論がこの社会保障制度改革で必要だと考えておりますので、いただいた御示唆もしっかりと生かしていきたいと考えております。

第208回国会 衆議院 予算委員会公聴会 第1号 令和4年2月15日

斎藤議員は、社会保障給付の改革案を国民に示していく必要がある、と主張しました。

国債の金利と長期債務残高の推移
出典:財務省『我が国の1970年度以降の長期債務残高の推移』 統計表『金利情報』参照

上のグラフは、長期債務残高と国債の金利を示したものです。国債は超低金利の状態にあるため、国債を発行して予算を確保すれば済む話でした。

借金をしてこの国の経営を回している

2022年3月の環境委員会で、予算について議論していました。

今、日本の財政状態が厳しい中で、借金をしてこの国の経営を回している中で、その借金を原資にした予算でわざわざファンドをつくって、投資収益目標がない、こういった事業を行うということが本当に意味があるのかというところは、このファンドに限らないですけれども、しっかりともう一度見直していかなければならない、そういう段階になっていると思います。

第208回国会 衆議院 環境委員会 第4号 令和4年3月29日

斎藤議員は、投資収益の目標がない予算に対して、国債を発行して予算を付けるべきではない、と主張しました。

日本は、世界最大級の緊縮(きんしゅく)財政
出典:IMF『General government total expenditure』参照

上のグラフは、各国の政府支出の伸び方を示したものです。斎藤議員のこうした議論によって、日本は世界最低水準の伸び率になりました。

私は問題だと考えております

2022年5月の財務金融委員会で、国債について議論しました。

安倍元総理が(国債を発行して)幾ら財政赤字を増やしても日銀に(その国債を)引き受けさせれば大丈夫といった趣旨で発言をしている、繰り返しているということは、私は問題だと考えております

第208回国会 衆議院 財務金融委員会 第18号 令和4年5月13日

斎藤議員は、日銀が国債を買い取ることは問題である、と主張しました。

硬貨、紙幣、日銀当座預金の発行額
参照:日本銀行『マネタリー・ベース平均残高』

上のグラフは、日銀が発行したお金の総額を示したものです。2021年4月時点で、600兆円を突破しました。日本は、自国通貨の円を発行できるため、国債を無制限に買い取る能力があります。斎藤議員の議論は、この通貨発行能力をドブに捨てるようなものでした。

議論の内容に基づき「以外に投票する」議員に分類しました。

  1. 「財政出動」に反対 

2021年衆院選の得票率

得票率45.1%の次点で比例当選しました。
(有効投票数186,680票 投票率58.9%)

当選者と次点得票率
大岡 敏孝52.2% (97,482票)
斎藤 アレックス (国民、比例当選) 45.1% (84,106票)
以外に投票する現職

大岡、斎藤以外の新しい候補者を検討する

※衆議院インターネット審議中継及び総務省選挙関連資料 参照

その他 経済のグラフ一覧

タイトルとURLをコピーしました